おつり投資サービスの特徴比較|活用メリットとは

こんにちは!finte編集部です。
 
突然ですが、投資など自らの資産運用をおこなっていますか。もしくは資産運用を考えたことはありますか。今回は資産運用に対して興味はあるもののなかなか踏み出せない人に必見、知識や貯金がなくても始められる「おつり投資サービス」がFintechフィンテック)領域からリリースされるそうなのでご紹介します。
 

大好評通販中!Skeleton Lady. (Adult Costume コスチューム)- Female - One Size Volt 【02P09Jul16】 【長靴

日本人は世界で最も貯金が好きだと言われています。世界の個人金融資産における現金による貯金の比率を見てみると、アメリカが13%、イギリスが23%、ユーロ圏が33%に対して、日本は52%です。(Zuuonlineより)この数字はこの比率は先進国では日本以外にはないそうです。日本では汗水流して働いたお金を貯金することは美徳だと考えられているような印象を受けます。投資でお金を増やすことに対しては「ギャンブル性が高い」だとか「お金持ちのすること」だという印象を持っている方もいるようです。
日本人の貯金好きの理由のひとつに、バブルの崩壊が原因だという説があります。バブル期には実は現金による預金の比率が低下し投資をおこなっていた人が多くいたそうです。バブル期を経験したことがない人も、ドラマなどで不動産の投資をおこなっている人の様子を見たことがある人はいるのではないでしょうか。
 
しかし、バブルの崩壊とともに多くの人が投資により損しました。それにより投資は怖いものだという印象を持った人が増えたと言われています。
 
 

Skeleton Lady. (Adult Costume コスチューム)- Female - One Size Volt 【02P09Jul16】 【長靴各種当店品揃え

日本は欧米に比べてお金や経済に関する教育を受ける機会が少ないとよく言われています。
 
特別な教育を受けてきた人以外は資産運用に関する知識もなく、必要性も感じないために資産運用を行動に移すことができずにいるのではないでしょうか。もし資産運用をはじめようと思った人も知識のなさと漠然とした不安から二の足を踏んでしまうことがあるのではないでしょうか。現在は物価の価値を上げ、お金の価値が下げるインフレを企業が成長するために政府が進めているそうです。そんな今だからこそ、自分のお金を銀行に預けて価値が下がってしまうままにしておくのではなく、運用することによって守ることが勧められています。
 
 

投資を始めるのに多くのお金は必要ない

企業の株への投資をおこなうことは企業を知ることにつながりますし、海外通貨への投資をおこなうことは海外の情勢を知ることにつながるとよく言われています。これらはあくまで投資をおこなう中でのおまけのようなことですが、自分の資産をしっかりと自分事にして考えて運用することで普段はのがしてしまっていた知識がついていくこともあるため、知識がない状態でも投資を始めることを勧める人は多くいます。
 
しかし、いかにお金や経済に対する「勉強代」と割り切るにせよ、投資を始めるにためには多くのお金が必要だと言う理由から投資を始めることができない人は多くいるのではないでしょうか。投資を始めるためには漠然と10万円くらいの頭金が必要だと考えている人は多いようですが、今は投資初心者のために、小口投資サービス(少額からの投資サービス)が多くの証券会社などから出ています。1万円からでも投資が可能なサービスも多くあります 。
1万円から3タップで株取引が出来るアプリ「One Tap BUY」が2017年2月17日2月14日に新たに、みずほ証券を含めて15億円の資金調達に成功したことも注目度が表れている例だと思います。
techcrunch|スマホ証券One Tap BUYが新たに15億円を調達、みずほ証券も出資
 
そんな中で、おつりで投資するフィンテックアプリが2017春にリリースが予定されているそうです。
 
 

おつりで投資サービスまとめ

 

トラノコ

運営元:TORANOTEC投信投資顧問株式会社
公式HP TORANOTEC投信投資顧問株式会社
 

・電子決済でのおつりを投資に
・毎日コツコツ資産運用
・「貯蓄から投資」を「消費から投資」へ

 
詳細
クレジットカードやデビットカード、SuikaやPasmoのような交通機関のICカードなどから買い物をおこなうと、100円単位の余り分(190円使用すると200円から190を引いた10円)が自動的に投資へと回してくれるアプリです。投資をおこなうにはお金を貯まる必要があるという固定観念にとらわれず、買い物をすることが投資につながるという面白いサービスになっています。
 
投資のために貯まったお金は、サービスの提供を行っているTORANOTEC投信投資顧問株式会社が、自動で運用をおこなってくれるらしく資産運用をおこなったことのない若い世代の利用が見込まれているそうです。
ニッセイ・キャピタル株式会社、株式会社セブン銀行、株式会社リアルワールドなどからの出資を受けており、注目されているサービスです。
 

株式会社セブン銀行 常務執行役員セブン・ラボ担当 松橋 正明 氏

「TORANOTECは、投資への“新たなドア”をITによって切り開き、“次世代”への投資機会の提供を可能とするフィンテック企業です。当社としましても出資先としてだけではなく業務提携先として協業することにより、お客様にとって身近に、便利に投資が行えるプラットフォームを共に築いていきたいと考えております。」

 
 

ウェルスナビ

運営元:ウェルスナビ
公式HPお釣りで資産運用 by WealthNavi(ウェルスナビ)
 

・ウェルスナビのおつり投資
・2017年春リリース予定
・お試しには最適

 
詳細
資産運用のアドバイスと運用をおこなうロボ・アドバイザーサービスを提供しているウェルスナビもおつりを投資に活用するアプリを2017年の春にリリース予定です。カードなどの決済の際に100円単位の余り分を投資の元手とする仕組みはトラノコと同様です。ウェルスナビは本来、資産運用を開始できる最低金額が100万円ですがWealthNavi for SBI証券は30万円からと、どちらにせよ資産運用開始額が少し高めでしたが、このおつりでの投資がはじまるとお試しとして、非常に始めやすくなります。投資は自動運用で、株や債券など世界中の上場投資信託(ETF)でおこなってくれます。
 
 

海外企業サービス

おつりを投資に使用するという発想は海外でもあります。2016年の8月にローンチされたサービスであるMoneybox(マネーボックス)はロンドンを拠点とする企業からリリースされました。。
 

Moneybox(マネーボックス)

運営元:Moneybox(マネーボックス)
公式HP Moneybox
 

・「ミレニアル世代」を対象
・買い物のついでに投資を
・選べる投資スタイル

 
詳細
基本的にはトラノコやウェルスナビと同様で、クレジットカードなどでの買い物の料金の端数がマネーボックスのアカウントに入金され、投資に使用されるという仕組みです。3パターンから投資の元手の入金方法が選ぶことができ、アプリで切り替えたり追加で設定できます。

  • カードでの支払いの際
  • 週単位で金額を決めて口座からの引き落とし
  • 臨時収入でお金に余裕がある時に一括で入金
  • リスクとリターンに応じて、投資のスタイルを3つから選ぶことができ投資をしたことがない「ミレニアル世代」をターゲットにしているそうです。
     
     

    さいごに

    国内外と3つのサービスを紹介しましたが、消費活動から投資を始めることができる「おつり投資サービス」は、まだ投資をしたことがない人にとって投資家デビューをするにはうってつけのサービスだと思います。当然、おつりからの小口投資で自動運用による手数料もありますので、これらのサービスを使ったからといって大金持ちになるわけではありません。資産運用は自己責任ですので、損をしてしまうこともあるかもしれません。
     
    しかし、資産運用に対する漠然とした苦手意識をなくし自分の資産の使い方を選択できるようになるにはいいサービスだと感じます。リリースがされたらアプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
     


The following two tabs change content below.

finte編集部

finte編集部です。 皆様のお役にたてるようなFinTechに関わる最新ニュース、コラムを配信して参ります。よろしくお願いします。