、操業自粛等の状況を図示しています。

  放射性物質検査の結果、基準値を超える値が検出された場合、周辺での調査を強化し、他の地点で基準値超えが検出されない場合は操業自粛等の自主的対応、他地点でも基準値超えが検出された場合には原子力災害対策本部長による出荷制限指示等が行われます。

  その後の検査の結果、直近1カ月以内の検査結果が全て基準値を安定的に下回った場合に、出荷制限等の措置が解除されます。

  放射性物質検査の実施状況、検出値等についてはこちらをご参照ください。

  また、出荷制限の内容についてこちらでご確認ください。