足を引っ張るのはやめろ

国の非常時にあって、危機感を感じないのは政治家だけでなく大手メディアはもっとひどいようである。鉢呂経産相を辞任に追い込んだ報道には

π パイ ネオ EDT・SP 100ml ジバンシー: 香水・フレグランス フルボトル メンズ

π パイ ネオ EDT・SP 100ml ジバンシー: 香水・フレグランス フルボトル メンズ

メーカー希望価格: 6,804円(税込)

販売価格:5,783円(税込)


  • モデル: lala1122
  • 35 在庫量


カートに入れる:





本品は、「箱なし品」になります。掲載画像にあるケースは付いておりませんのでご注意ください。
50年代~70年代のパリ・モードを駆け抜けたクチュールの巨星「GIVENCHY」。2008年からはメンズ部門もリカルド・ティッシがクリエイティブ・ディレクターに就任し、デザインを一手に担うようになりました。2009年春夏のコレクションでは、持ち味を十二分に発揮したシャープなデザインで会場を沸かせました。
こちらは香水シーンでもメジャーの一角を担うジバンシー・フレグランス・ラインから、2008年に発売されたメンズ香水です。オリジナルは1999年に発売され、現在ではジバンシーの裏名香として知られている「Π」で、こちらはそのニュー・ヴァージョンということになります。
何でも今回は映画『マトリックス』からインスパイアされて誕生したということで、「ネオ」というネーミングは、「ニュー」という意味と、映画の主人公「ネオ」をどうやらかけているようです。フュージング・ウッディーという、近未来的でソリッドな香調をベースにしており、キリリと精悍でアクティブな、ネーミングに見合ったマスキュリンを提案するアイテムに仕上げられております。
ベルガモットやマンダリン・オレンジ、トスカノルなどが、ポジティブでエナジャイジングなフレッシュ・シトラスを香り立たせるトップから、
サフラレーヌ、マートルやシダーウッドなどが、エッジのあるハーバル・ウッディーで鋭いマンリー・セダクションを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはコスモール、パチョリ、アンバー、バニラなどが、くっきりと鮮やかなそれまでの香調をじんわりとしたスウィートでドライダウンさせ、柔らかくロマンティックなマスキュリン・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。
調香は、他にバーバリーの「ブリット・ゴールド」やグッチの「ラッシュ・フォーメン」、ルル・カスタネットの「ルル」などを手がけているアントワーヌ・リー。プロデュースはLVMHです。ミドルのマートルとは、和名で「銀梅花」という花で、葉から抽出される香りは、キリッとしていて奥深く、力強さを感じます。このミドルのマートルの香りが良いアクセントとなって、引き締まった印象を与える香りです。ボトルのデザインは、オリジナル同様にセルジュ・マンソーです。

●直射日光のあたるお肌に香水をつけますと、まれにかぶれたりシミになる場合がございます。
●可燃性製品は火気には十分ご注意ください。
●傷やはれもの・湿疹など、異常のある部位にはお使いにならないでください。
●フレグランス商品は、シルク・薄い布地や白または淡い色の衣服には、シミになることがありますので、直接おつけにならないでください。
●目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

●乳幼児の手の届かないところに保管してください。
●極端に高温または低温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。
●使用後は必ずキャップをしっかりと閉めてください。

、針小棒大な報道、取材側、被取材側間の信義則違反等、数々の疑惑がある。最も大きな問題は、

No.19 レフィラブル EDT・SP 75ml シャネル: 香水・フレグランス フルボトル レディース

ファム ドゥ モンブラン EDT・SP 75ml モンブラン: 香水・フレグランス フルボトル レディース、グラマラス EDP・SP 30ml ラルフローレン: 香水・フレグランス フルボトル レディース グラマラス、ヴェルセンス EDT・SP 100ml ヴェルサーチ: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ヴェリィ イレジスティブル ジバンシイ セドゥル EDP・SP 50ml ジバンシー: 香水・フレグランス フルボトル レディース、オーパス 1870 EDT・SP 100ml ペンハリガン: 香水・フレグランス フルボトル メンズ シプレ、ブルガリ プールファム ポーチセット #80183 2009 ブルガリ: 香水・フレグランス セット レディース。ウルトラバイオレット EDP・SP 80ml パコラバンヌ: 香水・フレグランス フルボトル レディース、アスター プレイス EDP・SP 100ml ボンドNo.9: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ベチバー カルヴァン EDT・SP 100ml カルヴァン: 香水・フレグランス フルボトル メンズ、ローダンブル アンバーの水 テスター EDT・SP 100ml ラルチザン: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ジョン ヴァルヴェイトス ウーマン EDP・SP 100ml ジョン ヴァルヴェイトス: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ナチュレルコレクション ミニチュア オードトワレセット 7ml×5 フラゴナール: 香水・フレグランス セット レディース。プラダ アンバー プールオム テスター EDT・SP 100ml プラダ: 香水・フレグランス フルボトル メンズ、クリスタル アトマイザー クリスタル 香水瓶 653617 クリスタルブルー 78ml ヒロセ アトマイザー: 香水・フレグランス、シネマ EDP・SP 50ml イヴサンローラン: 香水・フレグランス フルボトル レディース、サンヴァーベナ EDT・SP 100ml ロクシタン: 香水・フレグランス フルボトル レディース サンヴァーベナ!

エンジェル レフィラブル EDP・SP 50ml テュエリーミュグレー: 香水・フレグランス フルボトル レディース

ココリコ EDT・SP 50ml ジャン ポール ゴルチェ: 香水・フレグランス フルボトル メンズ、レジェンド EDT・SP 50ml モンブラン: 香水・フレグランス フルボトル メンズ、フレンチ ライム ブロッサム EDC・SP 30ml ジョー マローン: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ギルティ ボディローション&フレグランスペン ギフトセット 75ml/7.4ml/100ml グッチ: 香水・フレグランス セット レディース、グッチ バイ グッチ EDT・SP 50ml グッチ: 香水・フレグランス フルボトル レディース、バレンシアガ パリ レッソンス EDP・SP 50ml バレンシアガ: 香水・フレグランス フルボトル レディース。エス バイ シャキーラ EDT・SP 80ml シャキーラ: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ユージン アムール EDT・SP 100ml エラミカオ: 香水・フレグランス フルボトル レディース、ロックプリンセス EDT・SP 100ml ヴェラ ウォン: 香水・フレグランス フルボトル レディース、エスニックレザー アトマイザー 真鍮 革巻き 60603 RE レッド 4ml ヒロセ アトマイザー: 香水・フレグランス アトマイザー、マイケル フォーメン EDT・SP 75ml マイケルコース: 香水・フレグランス フルボトル メンズ マイケル フォーメン、インフュージョン ドゥ フルールドランジェ テスター EDP・SP 100ml プラダ: 香水・フレグランス フルボトル レディース。チャンス EDP・SP 100ml シャネル: 香水・フレグランス フルボトル レディース、エクセス プールオム テスター EDT・SP 100ml パコラバンヌ: 香水・フレグランス フルボトル メンズ、オムニア クリスタリン コフレ ポーチセット #80357 2012 65ml/75ml ブルガリ: 香水・フレグランス セット レディース、ジュール ドゥ エルメス EDP・SP 30ml エルメス: 香水・フレグランス フルボトル レディース!

、各社が遅れまいと追随報道し、真実を知るにはネット情報に頼らざるを得ない、というお粗末な状況が出現していることである。もはや新聞・テレビの時代は終わったと言わざるを得ない。
メディアとは、その言葉からしてわかるように市民が真実を知る上での媒体である。媒体が真実を捻じ曲げたり、事件を作っていたのでは、もはやその役割を放棄したものであって、誰も顧みることはなく、社会からは消え去る運命にあると言ってよい。
大政翼賛は良くないが、今我々にとって何が大切か、という指針を示すのが国民の信託を受けた大マスコミのすることだろう。人間はひとりとして完璧な人間はいない。そのことは、書いている記者ひとりひとりが自分の胸に手を当てて考えればわかることだ。政治家の身体検査をして、それでも綻びが見つからなければ謀略で引っ掛けても引き摺り降ろす、そんな行為を許すために国民の代表として記者クラブに座ってもらっているのではない。
ある長老が公の席で、「10億くすねている政治家であっても、やっていることが正しい政治家を支持する」と言った。10億円くすねるような男が正しい政治をするか否かは疑問だが、論旨はその通りである。特に、今のような非常時には、政治がスムーズ動くよう、よりよいアイデアが政策として具体化するよう国民が団結する必要がある。そして、何より、今回のような「足を引っ張る」行為、そしてそれに群がって他社と競争しているつもりになっているメディアというのは最低でばかげている。
以上は、「死の街」「放射能つける」を針小棒大に報道し、辞めなくていい大臣を辞めさせた、という国家的犯罪についてのコメントだ。しかし、この報道にはもうひとつ、メディアがしてはならない大罪が隠れている。それは、「タブー」作りである。
福島県民が背負ったとハンデは取り返しのつかないもので、私達国民は全て同胞精神でその回復と福祉のために全力を挙げなければならない。その上は、風評をもたらすような言動や、差別につながるような発言は慎まなければならない。しかし一方で、現実を直視し、その対策を行なっていく上では、事実は言葉にしなければならない。特に政府の責任者であれば言いたくないことでも言わなければならないことがある。それを「タブー」で封じてしまっては、正常な政策運営は望めない。
タブーに注意して、風評を広げない、ということはメディアに課せられた使命であるのに、自分の使命を棚に挙げ、政治家がタブー違反をした、と槍玉に挙げる。その行為で作り出しているのはタブー強化、言論統制にほかならない。
辞めた経産相がもともとそういう人だ。常に差別発言ばかりしている、意識がなっていない、ということならそれは堂々と報道すべきだ。しかし、そうでないときは、仮に行き過ぎた表現があっても、そこを丸く報道するという姿勢が求められると思う。
言論の自由を主張し、それを守っていくべきメディアが、言葉刈りをするというところに、ムラ社会に育った日本メディアの悲しい現実を見る。何とかしてほしい。