、そしてそれらの能力をきちんとクライアントの望む問題解決の手法として活かすことのできるような組織作りを目指しています。